5月29日に福岡市こども未来局局長を訪問します。公開質問状


この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

5月29日にこども未来局局長を訪問します。質問状はこちら


5月24日(金)に武藤部長に準備をお願いした資料を受け取り説明を受けるために、明日の5月29日(水)に、こども未来局の吉村局長と武藤部長のアポイントをとりました。

今回は、実行部隊だけではなく、保護者のお母さんたちも一緒に行きますし、マスコミも同席いたします。

これまで保護者の会として質問内容を決めて面会に臨んでおりましたが、こども未来局も回答をしやすいように、お互いの時間を有効に使うためにも、質問状という形で事前に以下の質問事項を送付させていただきましたので、こちらに公開させていただきます




文章で回答もいただくようにお願いしておりますので、回答が手に入りましたら、こちらに公開させていただきます。(場合によっては個人情報などを伏せることはございます)



※【追記】上記質問状を送りましたが、またこちらの質問の意図と違う回答で時間を使うのはもったいないために、質問の意図なども記載した資料を作成し、再度こども未来局に送付しました。その資料がこちらです。私たちがどういう意図で上記質問をするのか?何が聞きたいのか?が分かると思います。私たちはこども未来局の揚げ足をとりたいわけでもなく、納得のいく説明があれば



質問内容

詳しくは上記、PDFファイルをご覧いただくと分かりますが、以下にも転載しておきます。

福岡市こども未来局
吉村局長・武藤部長 殿

                      2013年5月28日
                   中央保育園保護者の会


以下の質問に関して2013年5月29日訪問時に、文書にてご回答くださいますようお願い申し上げます。関係書類もご準備のほどよろしくお願いいたします。

       公開質問状

【Q】:パチンコ店の排気ダクトは何のためのものか? 設置の理由と用途
パチンコ店は、火災時の非常時に排煙の為に設置したと言うが、以前の説明と食い違う。また、火災時の排煙とするなら子供の園庭に火災時に排煙が直接かかる位置にある。

【Q】:該当地を適地であるとした土地選定資料を作成したのはいつか?
【Q】:上記土地選定資料を作成した人間、経緯はどうなっているのか? パチンコ店が入ると考えていたのか?
未来局が該当地の選定をした時期には裏のパチンコ店の進出は知らなかったと言うが、その時現在パチンコ店のある土地は更地の状態であり、2面の道路に面する角地である。であるならば、なぜわざわざ、二階建ての大型駐車場があった現移転予定地を選定する必要があったのか理解に苦しむ選定である。

【Q】:隣接する農民会館は耐震強度を満たしているのか?
農民会館を避難路に想定しているならば当然建て替え後の状態を把握しているはずではないか?

平成27年までに耐震強度が不足している建造物は建て替えなければならないという説明をしているのに、避難路にしている農民会館自体の耐震強度を調べたのであろうか?この建物も築40年以上の建造物で耐震性は甚だ疑問である。

【Q】:現中央保育園の近隣の、天神地区における各保育園の待機児童数はそれぞれ何名か?300名の保育園が中央区今泉に必要となる根拠と資料は?
中央保育園の平成25年4月現在の待機児童は【39名】と言う。利便性が高い所に大型の園を建てたいと言うが、東区、南区の待機児童は中央区より多く、単純に倍率が多いことになる。それにもかかわらず実待機児童は39名であるのだから、そこまで中央保育園を希望する者がいるとは思えない。また、施設の性格上大型化は望ましくないはずで、リスクの分散や利便性を考えれば150名の園を2つにするべきことである。福岡市が今回新設する保育園も他は90名が2園、120名が3園。300名の保育園を中央保育園に設置する根拠となる数字と理由がまったくない。保育の考えとして、メリットを増やすのではなく、極力デメリットを減らすと言うのが当たり前の考えではないのか?

【Q】:夜間保育をしている「第2どろんこ夜間保育園」の活用状況。児童数と待機児童数は?
今回の移転をする中で市からの要請は夜間保育の実施と言うことを条件とされた。しかし、実際夜間の保育をやめた園(舞鶴保育園)が存在するのに、果たして需要があるのか?現在、夜間保育をしている第2どろんこ夜間保育園の状況はどうなのか?

【Q】:福岡市西区の内浜保育園の待機児童数は?
平成26年4月に市内に4つの新設園が開園すると言うことであるが、そのうちの1か所が内浜となっているが、ここもラブホテルの目の前であり、なぜこのような場所にしたのか疑問があることと、運営も県外の法人となっている。そもそも300m以内に内浜保育園があるのになぜ、内浜に保育園を建設するのか?

【Q】:保育園の新設にあたり公募をした経緯とどこに通知したのか?という情報
来年新設される保育園の運営は県外の法人が多く、なぜそのような選定になったのか、選定委員会の報告をみても納得出来なかった。

【Q】:風俗営業という業態の解釈と見解は?
そもそも、風俗営業の店舗は教育機関や入院医療施設の近くでは出店が出来ない。法律である以上そこには理由が存在するはずである。子供の未来を考える未来局という部局がどういう見解を持っているのかお尋ねしたい。
なぜなら、来年の予定地の中央保育園、内浜に予定の保育園ともにラブホテル横や前であり、中央保育園に至ってはパチンコ店まである。いかに都心に土地が少ないとはいえ、常識的に考えてありえない立地条件と思われる。

【Q】:こども未来局が進めている移転予定地への建設反対に関して、市民5000名以上の署名が集まっていることに対して、こども未来局の見解は?
我々保護者の会の主張が一部の保護者の主張ではないとわかっていただきたい。また市役所で働く公務員として市民の声をどう思っているのかをうかがいたい。公務員法上は市民の意見を聞く必要はないのか?

【Q】:現在、中央保育園に通わせている121世帯の保護者に実施したアンケートで、87.8%が移転予定地への建設反対、0.8%が建設賛成、11.4%がどちらでも無いと回答していることに対して、こども未来局の見解は?
87.8%の世帯が反対し、0.8%しか賛成していないことをどう考えるのだろうか?その根本的な理由を考えてもらいたい。

【Q】:現場の保育士も現在の危険な建設予定地への移転を反対しており、「300名の園児を一人の命も落とさずに避難させられる自信はない」と回答していることに対して、こども未来局の見解は?
現場の保育士が危険だと考えることをなぜ考慮しないのか?最悪の想定をするのが当然であり、机上の楽観的な推測を災害の想定をしてないか?

【Q】::元福岡県庁職員が現地調査した「福岡市内の230名以上の保育園や全国の政令指定都市で300名以上の保育園」と比べ、今回の中央保育園だけが避難経路問題があり、例外的立地であることにたいしてのこども未来局の見解は?※添付資料参照
今回の中央保育園の建設予定地は、全国的に見ても、初というほど「異例」で「例外」の危険な土地に建てる大型認可保育園である。福岡市がなぜこのような最悪な認可保育園を15億もかけて作ろうとしているのか?

【Q】:現在の移転予定地に建設された場合、園児が事故などにあったら、「責任をとる覚悟がある」と5/13に吉村局長は回答したが、どのように責任を取るつもりなのか?
同日の局長の回答は、実に無責任な回答もされている。今回の建設問題だけを引き合いにせずとも、そのような発言をすること自体に無責任さを感じざるを得ない。



福岡市西区内浜の認可保育園がラブホテル前に建てられるのも、周辺環境をまったく考慮していないという本質的には同じ問題です。

 
SPONSORED LINK

私たち保護者は待機児童解消には大賛成です。本サイトをご覧いただければご理解いただけていると思いますが、現在、保育園に通わせられている私たちだけが良ければ良いとは思っていません。待機児童解消には大賛成です。しかし、今回の移転は待機児童解消にすらならないのです。待機児童解消にならない今回の移転計画の詳細はこちらをクリック。現地建て替えで実は天神地域の待機児童解消となる定員増の計画でした。吉田前市長時代から、三年も費やして練られた計画であって、私たち保護者も納得していました。ところが高島市長はそれを覆し、保育園に適さない不必要な土地を関係企業から購入する決断をし、子供達の命を危険にさらしているのです。現地を知る人は皆さん、「あそこは保育園としてありえない」と言いますし、不動産鑑定士の先生も同じ発言をされています。上記記事をご覧いただければ納得いただけると思いますが、私たちは本当に待機児童解消を求めています。平成26年4月には待機児童を未入所児童に変換し、見せかけだけの待機児童ゼロを達成したと発表をするために、適さない土地にマンモス保育園を建設しようとしているのです。そしていつか命が失われるのです。

住民訴訟のために弁護士費用等に関して寄付のお願い。新聞やテレビでも報道されていますが、福岡市に対して住民訴訟や裁判をおこなっています。保護者や先生方だけでは資金面で難しいため、裁判費用等に充てるために寄付のお願いをしております。少額で構いませんのでぜひ、ご協力のほどよろしくお願いいたします。助けてください


«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

SPONSORED LINK

One Response to “5月29日に福岡市こども未来局局長を訪問します。公開質問状”

  1. 嶽村 より:
    こども未来局が、「子どもの命と育ちに責任を持つ」という本来の仕事を先頭にたって担っていただくことを切望します。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ