公文書偽造罪に手を染めてまで利権絡みの土地に移転させようとしてる


この中央保育園移転問題の真相に切り込んでいる、行政専門の報道機関であるHUNTERのサイトは、私たち保護者も保育士も、利権の真相がバレル事を恐れている市長や副市長、こども未来局保育課職員も常にチェックをしているであろう。

そのHUNTERで新たな新事実が浮上した。

市民の反対を無視して風俗街への移転が強行されることに決った認可保育所「中央保育園」(運営:社会福祉法人福岡市保育協会)の施設整備補助金をめぐり、福岡市こども未来局作成の公文書が偽造されていた疑いが浮上した。


本当に驚くことばかりだ。

この中央保育園の移転問題は、保護者や保育のプロである保育士、さらに市民の意思を黙殺し、「利権が絡んだ土地への強行移転」を進めようとしている髙島市長の失政だけに留まらず、刑法に触れる犯罪まで犯している可能性がでてきた。

この件に関して福岡市こども未来局は、これまで数多くの捏造や虚偽の発言を繰り返してきたが、犯罪までおかさなければいけない程、市長からの圧力がすごいということなのだろうか。

関係企業への利権のために、職員に犯罪をおかさせてまで、子どもの命を危険にさらし移転させようとするのか。

職員もそろそろ本当の事をすべて話し、今回の「利権が絡んだ一部始終の計画」を指示したのが誰であったのかを明確にした方が良いのではないだろうか。

子どもの命や多くの市民を犠牲にし、このような偽造をしてまで、利権を守る必要がなぜあるのかを市長には説明していただきたい。

以下の記事は必読である。移転をさせるためなら、このようにマイナスとなるデータを消す事など、これまでのやりとりで我々保護者の会は何度も煮え湯を飲まされてきた。



 
SPONSORED LINK

私たち保護者は待機児童解消には大賛成です。本サイトをご覧いただければご理解いただけていると思いますが、現在、保育園に通わせられている私たちだけが良ければ良いとは思っていません。待機児童解消には大賛成です。しかし、今回の移転は待機児童解消にすらならないのです。待機児童解消にならない今回の移転計画の詳細はこちらをクリック。現地建て替えで実は天神地域の待機児童解消となる定員増の計画でした。吉田前市長時代から、三年も費やして練られた計画であって、私たち保護者も納得していました。ところが高島市長はそれを覆し、保育園に適さない不必要な土地を関係企業から購入する決断をし、子供達の命を危険にさらしているのです。現地を知る人は皆さん、「あそこは保育園としてありえない」と言いますし、不動産鑑定士の先生も同じ発言をされています。上記記事をご覧いただければ納得いただけると思いますが、私たちは本当に待機児童解消を求めています。平成26年4月には待機児童を未入所児童に変換し、見せかけだけの待機児童ゼロを達成したと発表をするために、適さない土地にマンモス保育園を建設しようとしているのです。そしていつか命が失われるのです。

住民訴訟のために弁護士費用等に関して寄付のお願い。新聞やテレビでも報道されていますが、福岡市に対して住民訴訟や裁判をおこなっています。保護者や先生方だけでは資金面で難しいため、裁判費用等に充てるために寄付のお願いをしております。少額で構いませんのでぜひ、ご協力のほどよろしくお願いいたします。助けてください


«  ← 次の記事|
|前の記事 →  »

SPONSORED LINK

4 Responses to “公文書偽造罪に手を染めてまで利権絡みの土地に移転させようとしてる”

  1. 都合が悪くなったら、消せ より:
    「都合が悪くなったら、消せ」

    トップが公然とそう言うものだから、職員も都合が悪くなったら消すことばかり考える。市民のことなど全く考えない。公文書を都合良く書き換えるなんて当たり前。
    だってそうでしょ、トップが率先して保護者の言い分、都合が悪いところは全て無視して、自分に都合のいいところだけつまみ食い。「保護者からの熱いご要望におこたえして安全対策バッチリやりました」で済まそうとするのだから。

    「都合の悪いことは選挙中に全て発表して下さい。そしたら消せるでしょ、都合の悪いこと。」

    これでこども病院の着工も、保育園の着工も誤魔化そうとした。要するにこどものことも、保護者のことも、市民のことも何も考えてない。頭の中にあるのは自分の都合だけ。自分の選挙のことだけ。どうしたら自分に有利になるか、それしか考えてない。

    「オープン・フェア・フリー」はブラックジョークでしかありません。
    • 小市民ですが何か? より:
      おっしゃる通りです。

      この件に関しては市長や副市長たちがグルになってなにかをかくしていることが見え見えです。

      こんな野郎たちが市のトップにいると思うと情けない思いです。

      市議会の機能はどうなっているのでしょうか?

      議員たちもみんなグルかなと思ってしまいます。
      • おそまつくん より:
        一旦決裁を取った資料から一番肝心な待機児童数をわざとらしく消してみたり、資料を取り違えて提出するような単純ミスを平気でしてみたり、持ち回り審議で重要な会議の開催をパスしてみたり・・・福岡市役所ってこんないい加減な仕事の仕方が許されているんでしょうか。あまりにずさんすぎて恥ずかしくないですか。

        誰かの指示でやっているのでしょうか。市長とか副市長がそうしろと指示をするんですかねえ。

        それとも市長の意向を汲んでこども未来局が気を利かせているということですか。

        こんなずさんな仕事がまかり通っていることの責任は誰にあるのか、ハッキリして下さい。誰の責任ですか。市長ですか副市長ですか局長ですか担当者ですか。懲戒処分すべきです。
  2. 馬鹿にしちゃいかんよ より:
    今回の件は、副市長の奴らが深く関与しているような?
    どうも怪しいね!

    今年の初めごろに二人の副市長が代った。

    この二人の野郎がどうも怪しい。
    あと一人は警察出身だから、その筋に顔が効く。

    何かある!!!

    ッと思うけど・・・・・・・・

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ