「考察」の記事一覧

保育園を無視した土地選定であった

何か土地を探すときに、まずすることは立地条件。 住宅地に飲食店向け物件を求めることは当然しない。では、今回はどうか? 保育園向けであるならば、優先順位は 1.定員が入るスペース 2.交通の安全 3.周辺環境 となるはずで・・・

天下りの手土産でしかなかった土地選定と園児の命

一度、今回の問題を整理してみる。     以下の記事も是非、ご覧いただきたい 福岡・中央保育園移転 問題の核心 今回の保育園移転問題は、選ばれた保育園の土地が悪いというだけではなく、ドロドロした政治問題であり、髙島市長が・・・

公文書偽造罪に手を染めてまで利権絡みの土地に移転させようとしてる

この中央保育園移転問題の真相に切り込んでいる、行政専門の報道機関であるHUNTERのサイトは、私たち保護者も保育士も、利権の真相がバレル事を恐れている市長や副市長、こども未来局保育課職員も常にチェックをしているであろう。・・・

公開質問状への回答で分かる福岡市議会議員としての適正

先日案内したように、市議会議員の先生たちに公開質問状を送らせていただいた。 これは、各会派、各議員それぞれの方の今回の中央保育園移転問題についてのお気持ちを聞かせてもらうためである。 まあ、当然ながら、会派ごと(自民党や・・・

300名1園ではなく、実際は同じ土地に2園(3園)建設するというもの

この問題の大きな着眼点は現在の移転予定地であっても、 結果的に同じ敷地内で2園別棟になっている。(夜間も別園とするため厳密には3園) ということだ。 それが意味するものは300名もの園児の管理が1園では難しすぎる。と言う・・・

福岡市こども未来局が高島市長の指示で裏でコソコソ根回し展開中

現在、こども未来局は、市議会の各会派をそれぞれ別に回って、市議会議員にこの移転の経緯などを説明して回っている。 市議会や第2委員会などマスコミが入る場や、一般市民も傍聴でき、記録が残る場ではオープンな議論をさせず、会派(・・・

建設着工したというまやかし。作られた事実でもみ消そうとする愚

以下は、保護者の会役員からの報告書です。 先日の7月20日(土)に保育士、保護者、そして移転計画に反対する市民1万人の声を封殺するように建設工事が強行された。 今回、新たな事実が発覚したのだが、それを知ることで、高島宗一・・・

中央児童会館の事業を計算をするとまったくメリットの無い事業である|逆に現地建て替えが最もメリットが多い

今回の中央保育園移転事業は、どこをどう考えても、誰も得をしない事業である(ただし、一部特定企業だけは潤う)。 保護者や保育士は勿論だが、福岡市にとっても実は何のメリットもないと言える。 いや、むしろこの先も数十年にわたり・・・

市議会議員が知っていて承認したという福岡市議会すら冒涜する発言をする髙島市長

私たち保護者が面会をする16日の昼に、髙島市長の定例記者会見があり、例によって今、福岡市の社会問題となっている「中央保育園の移転問題」の件で質問が相次いだ。 その会見動画の24分24秒あたりで、髙島市長は信じられない大問・・・

「何年もプレハブ(仮園舎)で保育させたくない」という嘘

これまで、福岡市こども未来局は 「仮園舎を建てて、現地建て替えを検討できないか?」 と言う保護者の問いに対して、 「仮園舎と言う事になると、都合三年ほど、子供たちが仮園舎での保育を余儀なくされる。 そういう事態は避けたい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ